乳幼児と早期教育

早期教育.com

早期教育は必要か

早期教育には、いろいろな解釈があります。乳幼児期における、日常のしつけや日々の遊びなど広い意味での全ての教育ととらえることもできますが、ここでは、脳が柔軟なうちに子供の知的好奇心を促進し、高い吸収力や順応能力を持つ幼い間に教育を開始することで脳の活性化を高めれば優秀な人間に育つという理念に基づいて行われる教育のことを指します。

早期教育は上記のような観点から脳科学や発達心理学とも非常に深い関係があります。早期教育によって将来の可能性を広げ、十分な基礎学力を得ることによっておちこぼれを防ぎ子供の自尊心を高め、年齢や達成度という枠に囚われずに自由に教育を受けることができるといった利点があります。学習面に限らず、独創性、社会性、情緒性を高めることも目的とされています。

一方で早期教育の子供への悪影響も指摘されています。早期教育の効果は小学校に入ると消えてしまうとも言われ、有効性を疑問視する声も多くあります。

早期教育はあくまでも子供の興味関心を高め、自発的に学んだり行動する一助となったり、親子のコミュニケーションを密にする手段として用いるものであり、過度な期待により親同士の競争の手段となったり、子供にストレスを与えるものであってはなりません。

子供の健やかな成長を促すために効果的に早期教育を取り入れていきたいものです。